GUESS DAIRY

*This page is for English learner.

挫折英語

以前は英語が好きだったけど、いつの間にか英語から離れてしまった。会社から英語を学習しないと昇進できない、技術仕様書で英語が出てくるので少しは英語を勉強しないといけない。今まで生きてきて色々英語を勉強してたのはいいけれども、いつの間にか英語を勉強しなくなってしまったという人を山ほどみてきました。

 

これってあまりにもったいないことだと思います。日本の英語教育は受験英語型だとしても、英語に関わっていることが授業を通して頻繁にあると思います。

 

学校の授業を聞いているだけで、英単語の基礎、ベースを習得することは十分可能なのです。言い方が悪いですが、英語を挫折、途中で辞めてしまう原因は、英語に関しては複数要因があります。違うコラムでも述べていますが、英語と日本語の違いがありすぎること、英語の将来の実用性、活用度がわからない、英語を使わない環境、仕事で英語が全く求められない等今の日本では残念ですが、英語から離れてしまう要因が山の様にあります。

 

1日24時間なので、英語に仮に3時間使ったとしたら、時間が確保しずらい社会人の方々は時間を確保するだけで大変ですよね。またビジネスでは英語をツールとして扱いますので、英語を覚えるより、目の前にある仕事をまず優先させて対応する、覚えるのが普通なことになります。

 

悲しいですが、自然淘汰的に英語というコンテンツは、自分の中で消滅、挫折して学習に力を入れなくなってしまうのです。やや語弊がありましたが、英語の勉強に興味をなくなってしまうきっかけが山ほどあるということです。

 

急な出張が入り、英語の学習どころではなくなった、クラブ活動などで英語学習まで力を入れて学習する時間が確保できなくなった、就職、転職、結婚など人生のイベント行事の準備で英語どころではなくなった、英語と直接関係のない仕事に従事することになった、等上げればきりがないほど、英語学習を途中で辞めてしまう要因があります。

 

そういった意味では英語学習を習得した、卒業した、バイリンガルレベルまでになれたという方々の割合は実際3%以下だと思います。

 

学習を阻害する要因が多いので、如何に事前に阻害要因があることを知り、スランプに陥っても回復できる精神力が必要となってきます。

 

そこで重要な要素が、学習をキープし続けるためのモチベーション管理です。英語を嫌いにならないような工夫を行うということです。

 

GUESS ENGLISHでは、こういった何らかの形で英語から離れてしまった、興味がなくなってしまった方も再度、英語熱を燃やすべく、支援するため、色々なコンテンツを総合的に提供し、学習のお役立ちをさせていただきたいと考えていますので、ぜひ他ページも閲覧していってください。