GUESS DAIRY

*This page is for English learner.

英語の一番の悩みってなんだろう?

みなさん、英語学習において一番に悩めるポイントは何でしょうか?私はこの点について思うのは、英語の実用性にあるのではないかと思っています。

 

もう小学校では英語学習が外国語として必修の学習要綱となってきていますが、身近なものになりつつあるのに、何か中途半端感がある。勉強しても意味あるの?生活に役立つの?小学校では、日本語の漢字や国語が重視される傾向にあるので、他言語に頭を追いつかせるのってなかなか難しいと思います。

 

また小学校の英語の学習内容は、単語やアルファベットの存在を知る等の超基本事項ばかりとなっております。はっきり言って実際に英語を使った授業が行われるシンガポールと比べると、雲泥の差が開いている現状があります。

 

第二言語の習得に真から力を入れていない日本の教育に、自発的に英語学習に取り組もうとする素地がまだない状況なのです。

 

短絡的に「英語を明日から勉強してみよう」「ビジネスや受験で英語が必要だから学習してみよう」など考えても持続的に英語を勉強し続けるのはよほどストイックな方ではない限り難しいのではと思います。

 

英語の悩みは消える

 

英語は、英語上級者、バイリンガルになるほど悩みが解消するようになります。「英語を学習すること」を卒業するとでもいいましょうか、ある程度自由に英語表現できるレベルまで到達すると、そう簡単には英単語を忘れなくなり、生活の一部になってしまいます。悩みが解消されるタイミングは、目安TOEIC860点以上、英検1級合格レベルだと思います。

 

TOEIC700点、英検準1級レベルの場合は、リスニングがクリアに聞こえなくても、知っている単語量で雰囲気でなんとなく間違いを少なくできたり、文法問題も知識量で点数を稼げる側面があります。純粋な無理のない英語力が備わりだす境目が、やはり英検1級合格レベルということになります。

 

英語の悩みは時間の無駄

 

英語学習において、英語使って将来就きたい仕事を考えること、英語を使って世界とつながる、趣味をもつことなどに時間を使って悩むことは大いによいことです。

 

今後日本の国力を上げるためのグローバル化が必須な時代に英語力はマストとなってくるわけですので、英語を活用していく視点で色々と考え、悩むことは非常によいことになります。

 

しかしながら英語学習自体に対する悩みはもう必要がない世の中が来ています。ひと昔前だと、海外ニュースの配信は、ケーブルTVでCNNを見るように契約するなどひと手間かけて環境を築いたものですが、今や英語学習の教材は溢れかえっています。英語を習得したい気持ちさえあれば、手段を問わず、色々な学習手段で英語と向き合うことができると考えます。

 

結局何をすればいいかと言いますと、ノウハウを出し惜しみなくまとめて教えてくれる英語上級者と友達になる、メンターを探すもしくは、このGUESS ENGLISHの記事を読み英語学習のコツを覚えるということに尽きると思います。

 

英語学習は、方法を間違えてしまえば間違いなく遠回りして英語を学習し、余計な時間を費やすことになります。英単語の運用力が上がっていないのに、頑張ってリスニング、シャドーイングしてしまい、英語挫折のスパイラルにはまっていく人を山のように見てきました。

 

英語学習は、英語を学習する方法論を上級者から吸収し、最短で効果が出る方法を取る生活スタイルさえ築ければ、英語で悩みの種になる瞬間を楽しく乗り越えれる、途中であきらめなくなり、達成するという強い信念、信じる心が生まれてくることになります。