英語の豆知識についてまとめます。(日々更新)

GUESS KNOWLEDGE

ここでは、英語学習に役立つ英語の豆知識について少しずつ更新をかけていきたいと思います。

 

 

英語の不思議 - 其の一

 

なぜ動詞に三単現のSをつけるの?

 

《Answer》

 

これについては実は明確な答えがないのです。言えることは英語という言語の歴史は古く約900年前頃は、英語の表現の仕方が複雑でいろんな変種があったそうです。

英語のルールも複雑に存在していたのですが、英語が貴族階級から庶民に広まり始めた頃に、徐々に英語がシンプル化され、三単現のSをつける決まりの名残が現代でも残ってしまった形となっています。

 

英語の不思議 - 其の二

 

長い英単語は存在するの?

 

《Answer》

 

あります。超長い英単語で、18万9819語です。化学系用語でタンパク質の一種で、通称チチンというらしいです。

 

英語の不思議 - 其の三

 

英語はなぜ聞き取りにくいの?

 

《Answer》

 

子音が中心で息がメインだからです。発声方法もお腹を使う腹式呼吸である為、小さい声では、なかなかネィティブの方々には通じません。

 

また英単語やフレーズ自体に強勢、アクセントがあり、リズムによっても何の単語を言っているのか聞き分けている為、根本的に日本語の言語と違っている訳です。

 

英語の不思議 - 其の四

 

英語の起源って?

 

《Answer》

 

英語は、ヨーロッパ言語例えばラテン語、ゲルマン語、ケルト語などが源流となっていて、英単語の綴りが似ています。

 

英語の不思議 - 其の五

 

英語はなぜ早く聞こえるの?

 

《Answer》

 

これについては、まず英語のリズムや抑揚があり、単語の語彙の中やフレーズの中で、小さい発音されたり、大きく発音されたり、トーンが上がったり下がったりして、聞き取る耳が理解についていかないのです。

 

また英語は発音の仕方については省エネ行っていますので、単語間の発音が、つながります。GET YOUをゲット、ユーと言わず、ゲッチューになるのがその理由です。音の省略も行われますので、GETはゲットとも言ったり、ゲッ!だけで終わったりし、1つの英単語でも形を変えて発音されるわけです。

 

発音のつながりによる音色はパターンがあり、少しずつ頭の中で認識ができます。リスニングに対し、理解がおいつかないのはここに原因があります。

 

 

英語の不思議 - 其の六

 

ネィティブは洋楽を完全に聞き取れるの?

 

《Answer》

 

これは、洋楽のジャンルによります。ロックやラップなどシャウトに近い英単語入っている歌は、ネイティブでも聴き取りは難しいです。マライヤキャリーなど女性のバラードソングは、日本人でも非常に聞き取りやすいですが、ネイティブも同様となります。音楽に関しては、母音主体の日本語の邦楽の方が聞き取りやすいと思います。英語はなにせ、子音という息中心の言語である為、外国人のライブでもマイクの集音をしっかりしている思います。

英語の不思議 - 其の七

 

ネィティブは洋楽を完全に聞き取れるの

 

《Answer》

 

これは、洋楽のジャンルによります。ロックやラップなどシャウトに近い英単語入っている歌は、ネイティブでも聴き取りは難しいです。マライヤキャリーなど女性のバラードソングは、日本人でも非常に聞き取りやすいですが、ネイティブも同様となります。音楽に関しては、母音主体の日本語の邦楽の方が聞き取りやすいと思います。英語はなにせ、子音という息中心の言語である為、外国人のライブでもマイクの集音をしっかりしている思います。