英語の情報収集は大変 【まとめます】

*This page is for English learner for Japanese.

げす★イングリッシュ

 

このコラムでは、英語学習において、出くわすイベントや、挫折内容、分析データなど一括でまとめて掲載する様します。

 

”英語”というコンテンツですが、様々な切り口で、英語のプチ学習を英語のノウハウ紹介系、知識紹介系のホームページ、英語系ユーチューバーの方々が配信されていると思います。例えば、こんな場面で使える英語ワンフレーズ、ネィテイブが使っているフレーズを日常の場面で例文を交えて紹介など。

 

実は、”英語”というコンテンツにおいて既にもうある程度の情報収集、ノウハウ収集の型やパターンは決められていて、言い方や表現は違えど、似たりよったりの議論、考え方になっています。

 

英語学習に取り組むか否かは、人それぞれの判断となりますが、現代ではもはや英語コンテンツの海と化しているので、調べること、ホームページをクリックすること自体が億劫、面倒になってきていると思います。

 

ここでは、英語を学習するべきか否かの総合判断を行ってもらうべく、”英語”というコンテンツの情報まとめを行おうと思います。

 

■英語学習を挫折する要因

 

・英語の学習時間が取れない。

・英語の上達成果を得れない。

・英語学習を一気に行い、燃え尽き症候群になってしまう。

・目的、目標が明確ではない。

・自分に合う教材がない。

・フィードバックが得られない、独学で学んでいる。

・自己流の間違った方法を取り続けている。

・英語学習自体が継続できない。

・英語を使う機会がない。

・英語学習に使うお金がない。

・英語学習が楽しくない。

・英語を覚えることが苦手。

・英語学習に終わりがない。やることが多すぎる。

・英語学習に時間がかかる。

 

■英語でよく聞く話

・英語上達するには100万語読むべき

・英語を勉強すれば仕事で海外にいける。

・英語上達の勉強には10年、2000時間ほど必要。

 

■英語学習本のあるある

 

・お勧め著者の本を集中的に学習する方が効率よい。

・大学図書館で借りる。

・ハウツー本の読み漁りはあまり意味がない。英語はインプットあるのみ。

・英会話フレーズを紹介する本が多い。

・書店に行くと、英語本が多すぎて萎える。

・英文法書は一冊で事足りる。

・英単語帳は例文、類意義語が充実している本が効率がよい。

・英語発音の教本の発話の図解だけでは、理解しずらい。

 

■英語を実際に使う機会

 

・外国人の友達を作る。

・英会話サークルに参加する。

・オンライン英会話をする。

・情報収集源を英語に変えてみる。

・日本のビジネスで英語を活用するのは実際には少ない。

・貿易、国際物流、外交官、海外駐在員など英語を用い、交渉する職種。

・英語を教える教師になる。

・実は日本で英語を頻繁に活用する場面が少ない。(90%は不要論も巷にある)

 

■英語の学習スタイル

 

・TOEICで700点を取得するなど目標設定をする。

・自分のレベルに合わせて学習する。

・まずは例文を100個覚えてみる。

・早朝や夜寝る前に60分勉強してみる。

・英語の読書で100万語読む。

・通勤中にリスニングを徹底する。

・日々英単語を少しずつ覚える。

・英語学習は声に出して行う。

 

 

 

■英語の将来

 

・AI同時通訳の台頭により語学力が必要なくなるかも。

・日本の国際競争力維持にの為、英語学習は続ける必要がある。

・最先端のIT技術の情報収集は英語メインになることが多い。

・英語翻訳機を使うよりも自然な英会話ができるほうがよいので、英語は必要。

 

■英語の学習ノウハウ

 

・英語情報は溢れかえっておりますが、実はノウハウはどれも似たような内容。

・英語の上達度合いや成長度合いは、段階、レベルを踏んで上手くなる。

・英語学習を続けるコツは、英語好きになるきっかけをいかに見つけるか。

・英語習得に最短はない。ただし最短で英語学習のノウハウは知ることはできる。

・英会話は、英語フレーズをある程度ストックすれば、会話はできるレベルになる。

・英語の学習に科学的上達法や格式ばった理解はいらない。

・英語ノウハウを集めた雑誌や本がなぜか販売され続ける。需要がなくならない。

 

■TOEICの実際

 

・ひたすらパターン学習。似た問題が頻繁に出題される。

・英語力より集中力を問われる試験。200問を2時間で解くにはさすがにしんどい。

・リスニングが簡単すぎる。ネィティブ英語は数倍早い。

・TOEICは2016年から難化傾向で、リーディングは謎解き問題の様になっている。

・TOEICよりアカデミックな英検のリスニングの方が、英語の記憶力を試される。

・努力し学習すればTOEICのスコアが上がるが、喜びも実感する。

・大企業などではTOEICスコアが昇進、海外駐在の目安の物差しになっている。

 

■語学教室の悪いところ

 

・相対的に費用が高い。

・英語がしゃべれる様になるかわからない。

・ノウハウを教えてくれるとは限らない。

・自分のペースで学習しずらい。

・年間契約だと、毎日こつこつと与えられた英語学習のテーマをこなす日々になる。

 

■語学教室の良いところ

 

・コンサルティングで、欠点を診断してくれる。

・グループレッスンだとワイワイと楽しいことも。

・英語で発話する、意思疎通をする楽しさを知る。

・宿題という形で英語を学習する習慣を身に着けることができる。

 

■英語学習でよかったこと

 

・英検1級、TOEICハイスコアは職種によるが、就転職で有利になりやすい。

・その道の一流の方々のTEDトークが字幕なしで理解できる。

・洋楽の英語の意味を理解し、感じながら聴ける。

・海外で活躍するスポーツ選手になれる。

・海外駐在員になれる。

・外国人の恋人が作れる。

 

■英語力と語彙数の関係(目安)

日本人平均 500
英語初級 1000
英語中級 4000
英語上級 8000
英語超上級 25000

以上、英語学習をスタートするのかしないのか、メリット、デメリットを総合判断して頂き、活用していただければ幸いです。